Member

Member

自由な発想で
アイデアを
カタチにする

モビリティ&サービス開発部
2017年入社 D.F.

Machine design

初めてのことに挑戦するワクワク感

就職するなら長く働ける会社で、と考えていました。
学生時代アルバイトをしていたガソリンスタンドに、当社の洗車機が設置されていたことがきっかけでエムケー精工を知りました。昔から車が好きで、車関係の仕事がしたい思っていたこと。洗車機のメンテナンスに来ていた社員の雰囲気が良かったこと。そして、“車を洗う“という概念は無くならないと思ったため、当社に魅力を感じました。私は出身も大学も長野県ではなく、大学までずっと実家暮らしでした。

初めての土地で初めての一人暮らし、それも雪国での生活は不安でしたが、それ以上に新しいことに挑戦するワクワク感の方が大きく、入社を決めました。

固定観念に捕らわれず、自由な発案を

今は洗車機の新機種開発に携わっています。
洗車機と一口に言っても、ディーラー向けから、洗車したい本人が操作するドライブスルー型、最低限の機能を持つものや、高級モデルまで、幅広いバリエーションがあります。作りたい製品によって目指すコストが変わるので、部品選びや設計は簡単ではありません。それでも、苦労を乗り越えてできあがった製品が動いている様子を見ると、やりがいを感じます。

一方で、何かアイデアを思いついても、「これは現実的ではないな」「コストを考えると……」と自分の中で完結してしまうことがあります。実際には、自分が知らないだけで実現できる可能性があるかもしれません。そもそも、開発は今までになかったものを作るという仕事。自分の考えに、自分でブレーキをかけてしまっては、新しいものを作り出すことはできません。
開発を任せてもらえるようになるためにも、固定観念に捕らわれず、もっと自由にアイデアを発案できる人になりたいです。

学生の皆さんへ

最初に就職活動を始めた時、自分が何をしたいのかわからず迷走してしまいました。自己分析をし、自分を知り、何を大切にしているかを理解していくうちに、初めてどんな仕事をしたいかが見えてきました。まずは、自分自身を見つめる時間を取ることをおすすめします。

私はシャイな部分があり、面接では言いたいことが思うように言えない時もありました。礼儀やマナーを必要以上に気にしてしまうことも。もちろん、礼儀・マナーは大切ですが、一番は相手に対して“自分を売る”ということ。自分の言葉で、何ができるのか、何をしたいのか、伝えることが大切だと思います。

One day

  • 07:50出社

    会社の借り上げアパートを出発。会社までは約20分で到着します。

  • 08:20始業

    グループ内の人のスケジュールを確認や、メールチェックを行います。

  • 08:30設計業務

    3DCADを使用して門型洗車機の設計をします。
    また、工場で実際に製品確認を行うときも。

  • 12:15昼食

    同期や先輩たちと会話を楽しみながらリフレッシュの時間。

  • 13:00打合せ

    グループの打合せはもちろん、行き詰まったりしたときは先輩にこまめに相談します。

  • 14:00検討部品の性能比較試験

    新しい洗車機で検討している部品のチェックを行います。

  • 17:10退社

    毎週水曜日はノー残業デーのため、定時に退社してプライベートも充実。

  • 18:30ナイターでスノーボード

    会社の近く(信濃町工場)にスキー場があるため、仕事帰りに仲間とスノーボードを楽しむことも。

Other member